カードローンの種類

カードローンと言っても、金融機関によって特徴が異なります。ただ、大きく分類すると、銀行カードローンと消費者金融カードローンの2種類に分けられます。

銀行カードローンとは、その名の通り、○○銀行、○○信用金庫等のような融資だけでなく預金、振り替えなどいろいろな事ができる金融機関で扱っているローンの一つです。

一方で消費者金融カードローンはアコムやプロミスといったテレビCMなどでも有名な貸金業者で、その多くが無人契約機はあるものの店舗は持たずに、そしてお金の融資のみおこなう金融機関のローン商品になります。

どちらも、カードを使ってATMで現金を引き出す、使用用途問わない、再キャッシング出来る、繰上返済手数料無料でいつでも返済可能など、同じような特徴を持つものです。ただいくつか違う点があります。

まずは金利です。金利に関しては金融機関や融資限度額によっても多少差がありますが、一般的に銀行カードローンの方が金利は低めに設定されている事が多いです。また、カードローンは基本的に審査は早いのですが、そのスピードでいえば消費者金融カードローンの方が早いでしょう。

そして銀行カードローンは土日祝日は審査を行わないので、即日融資可能とはいってもできない日もあるのです。一方で、消費者金融カードローンは、土日祝日でもOKですし、申し込み時間も比較的遅い時間でも対応出来ます。

ですので、できるだけ金利を低くという場合には銀行カードローン、今すぐお金を借りたい方は消費者金融カードローンというように考えておいてもいいでしょう。

カードローンの審査ポイント

カードローンを利用するためには、当たり前ですが、各金融機関が定める基準に従って審査を受けなければいけません。審査基準は金融機関によって若干異なるのですが、審査項目、審査ポイントはどこもほとんど変わりありません。

カードローンの審査ポイントとなるのは、まずは年収でしょう。カードローンは当然借金ですから、金額にかかわらず毎月決められた額を返済していかなければいけないので、返済能力があるかどうかを審査します。その審査の基本となるのがやはり収入でしょう。収入がなければ返済が厳しくなってしまうからです。

当然年収は高ければ高いに越した事はないのですが、それだけで審査が必ずクリアできるものでもありません。その収入がどのような仕事をして得られたものなのか、職業、勤務先も重要になります。金融機関では融資したお金を数年かけて分割で支払ってもらうことになります。

ですので、融資した時は充分な年収があっても、数年後には少なくなってしまう恐れもあり、そうなると返済が厳しくなる事も出てきます。

そのため、より安定収入を得られる職業や勤務先が重要なポイントになります。
それ以外には、家族構成、住まいの状況なども関係しますし、他の借入金、その方のこれまでの返済実績なども関係してきます。

ただ、その金融機関の融資審査基準はわかりませんし、仮に審査が落ちてしまっても殿基準が満たされなかったのかはわからないのです。ですので、できるだけ不利になる条件は排除しておいたほうがいいでしょう。

カードローンを利用するまでの主な流れ

いざカードローンを利用したいと思って、実際にカードローンを利用した方でなければどのようにして申し込んで、どのようにして利用できるようになるのか分からないという方がほとんどではないでしょうか。

まず、カードローンを申し込みするところから始まります。一般的には申込書に必要事項を記入して、提出するのですが、その方法もいくつかあります。一般的な銀行なら、融資窓口で申し込み書をもらって申し込むことになりますし、消費者金融の無人契約機ならその場に行って置いてある申込書に記載して指示に従って提出します。

また、最近ではインターネットから入力して提出するという方法もあります。

申込書を提出したら、あとは金融機関からの審査待ちになります。審査を無事クリアできればカードが発行されて、そのカードを使って専用、提携ATMにて手続きをしてキャッシングするという形になります。

ただ、そのカードを発行する方法がいくつかあります。特に日数は気にしないという方なら郵送で自宅に送ってもらう方法がありますし、もし今すぐ必要という場合には、無人契約機に行ってカードを受け取るという選択肢もあるのです。

カードローンによっては無人契約機がない場合もあります。その場合にはやはり郵送という形になりますが、今すぐお金が必要という方には、振り込みキャッシングしてもらうという方法もできる場合もあります。
時間がある人はいいですが、急いでお金を借りたいという方は、ある程度の流れは把握しておくとより短時間でキャッシング出来るようになるでしょう。

総量規制について

カードローンを利用するにあたり、よく出てくる言葉としては総量規制というのがあります。総量規制とは、貸金業法で定められている規則で、簡単にいえば年収の3分の1を超える借入はできないという法律になります。

もし年収が300万円であれば、最大でも100万円までの借り入れしかできないということになるのです。これは金融機関1社に対してのことではなく、総合の借入金で3分の1までということになります。例えば、年収300万円だとすると、それまでに他の借入が90万円あるという方は、新たな借入は10万円までということになるのです。

ただ、マイカーローンや住宅ローンなどのように除外される借入もありますし、例外となる場合もあるので絶対という事ではないのですが、たいていはそうなることでしょう。

ただ、この総量規制という規則は、前述にもあるように貸金業法で定められているものであり、つまり消費者金融カードローンにしか当てはまりません。ですので、銀行カードローンの場合にはこの総量規制は対象外となり、審査次第ではありますがまずは年収の3分の1ということで融資不可となることはないのです。

また、総量規制は収入が基本となるので、収入ゼロの専業主婦は借りられない事になっています。無収入の専業主婦でも旦那さんの年収を基に融資可能となる事もありますが、それはあくまで銀行カードローンでの借り入れという事になります。つまり無収入の専業主婦は融資額がいくらであれ、その時点で融資はできないのです。